トップ > ライフ > エンターテインメント > エンタメ その他

蒸留酒ジンに史上2度目のブーム到来、英ロンドン

2016年1月2日 13:20 発信地:ロンドン/英国

このニュースをシェア

蒸留酒ジンに史上2度目のブーム到来、英ロンドン
1/4
英ロンドンの蒸留所「シティ・オブ・ロンドン・ディスティラリー」に併設されているバーで、カクテルを出すバーテンダー(2015年10月16日撮影)。(c)AFP/BEN STANSALL

【1月2日 AFP】英国を代表する酒「ジン」がその古くさいイメージを拭い去り、同国の首都ロンドン(London)で復活しており、蒸留酒製造所やバーでブームとなっている。

「需要に追いつけない」と話すのは、ロンドン北部で1日12本のボトルを製造しているウィリアム・ボレル(William Borrell)さん。ボレルさんは2015年5月、公衆トイレ跡を「レディーズ・アンド・ジェントルマン(Ladies and Gentlemen)」と名付けたバーに改築し、ジンの製造を始めた。

 英国のコンサルタント会社CGAストラテジー(CGA Strategy)によると、高級ジンの売り上げはこの2年間で49%増加した。18世紀に最初のブームを経験したジンは今、2度目のブームを迎えていると業界関係者らは考えている。

 18世紀のブームの時、ジンはフランスのブランデーに代わる「愛国的ドリンク」として宣伝された。1726年までにロンドンには1500の蒸留酒製造所があったが、ジンの生産急増が酒浸りや不身持ちなどの原因だと批判されたため、当時の政府は方針撤回を迫られた。

 今回のジン人気は抑制の効いたものであり、業界はジンにつきまとう「マザーズ・ルーイン(mother's ruin、母親を堕落させる酒の意)」のイメージを振り払うおうと躍起になっている。

 復活の兆しは2009年、醸造元の「シップスミスズ(Sipsmiths)」が、ロンドンで約200年ぶりに銅製の蒸留器「プルーデンス(Prudence)」を導入した時に芽生えた。

 熟成に何年もかかるウイスキーなどと違いジンは短期間で製造できることも手伝って、多くの酒造元がこれに続いた。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>