トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

イスラム教徒へのヘイト犯罪300%増加、英国

2015年11月24日 13:09 発信地:ロンドン/英国

このニュースをシェア

イスラム教徒へのヘイト犯罪300%増加、英国
仏パリ同時テロの犠牲者を悼む「パリへの祈り」のメッセージを掲げる英ロンドンのモスク(2015年11月20日撮影)。(c)AFP/BEN STANSALL

【11月24日 AFP】仏パリで同時テロが発生した翌週、英国でイスラム教徒を標的としたヘイトクライム(憎悪犯罪)の発生件数が300%増加したとの調査結果が23日、発表された。

 英紙インディペンデント(Independent)が報道した調査結果によると、115件の暴行事件のうち「圧倒的多数」が、イスラム教の伝統的な服装をした14~45歳のイスラム教徒の少女や女性たちに対するものだった。

 加害者は主に15~35歳の白人男性で、実際の暴行件数は報告よりもさらに多い可能性があると同紙は指摘している。

 今回の調査結果は、モスクやイスラム教徒に対する身体的・物理的暴力や言葉による攻撃について記録している電話相談サービス「テル・ママ(Tell Mama)」が、イスラム教徒への憎悪犯罪に関する政府の作業部会に提出した報告書に基づいている。

 こうした暴力の大半は、バスや電車など公共の場所で発生しているというが「被害者からは、助けようとする人や慰めようとする人さえいなかったという声が聞かれる。被害者のうち16人は今後、外出することに恐怖を感じるとまで述べている」という。

 英国ではパリ同時テロ事件以前から、イスラム教徒などに対する憎悪犯罪が急激に増加していた。大ロンドン(Greater London)では2013年7月~14年7月にかけて、イスラム教徒に対する憎悪犯罪478件が報告されたが、翌14年7月~15年7月にかけてはこれが816件に増加した。英国には270万人のイスラム教徒が住んでいる。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>