【11月3日 AFP】世界最大の波乗り記録を保持する米ハワイ(Hawaii)州出身のサーファー、ギャレット・マクナマラ(Garrett McNamara)さん(45)が1日、ビッグウェーブで有名なポルトガル中部ナザレ(Nazare)のプライア・ド・ノルテ(Praia do Norte in Nazare)で、自らの記録更新に挑戦した。

 マクナマラさんはちょうど4年前、2011年の11月1日に同じプライア・ド・ノルテで23.77メートルの巨大波に乗り、ギネス世界記録(Guinness World Records)を保持している。今回の挑戦を終えたマクナマラさんは、報道陣に対し「前回(の記録達成時)よりも乗っていた時間は長かったが、大きさがどうだったかは分からない」と語った。報道では、波の高さは100フィート(約30メートル)はあったのではないかと伝えられている。

 またマクナマラさんは、この日一緒に挑んだケアリー・ママラ(Kealii Mamala)さんが、記録を更新したかもしれないと語った。2人はジェットスキーでけん引されて大波に乗るトーインサーフィンという方法で、この日ビッグウェーブに挑んだ。ギネス世界記録がAFPに語ったところでは現在、専門家の協力を得て、マクナマラさんたちが今回乗った大波の公式の大きさを計測中だという。(c)AFP