トップ > ライフ > エンターテインメント > 芸能

セレーナ・ゴメス、難病発症で化学療法と告白

2015年10月9日 11:01 発信地:ニューヨーク/米国

このニュースをシェア

セレーナ・ゴメス、難病発症で化学療法と告白
米ロサンゼルスで開かれたMTVビデオ・ミュージック・アワードに登場した米歌手のセレーナ・ゴメスさん(2015年8月30日撮影)。(c)AFP/Mark RALSTON

【10月9日 AFP】米人気歌手のセレーナ・ゴメス(Selena Gomez)さん(23)が、難病のループス(全身性エリテマトーデス)を発症し、密かに化学療法を受けていたことを明らかにした。

 ゴメスさんは2013年12月、アジアとオーストラリアでのツアーを中止し、一人きりの時間や、米アリゾナ(Arizona)州のリハビリセンターに入る時間が必要だと発表していた。

 この発表を受け、ゴシップ報道が過熱。何らかの依存症の治療や、カナダの人気アイドル、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)さんとの破局が原因ではないかとの臆測を呼んでいた。

 だが、8日に米誌ビルボード(Billboard)が掲載したインタビューで、ゴメスさんは、体の免疫系が健康な組織を破壊する慢性疾患のループスを発症していたことを公表。

「私はループスと診断され、化学療法を受けていました。休暇はそのためだったのです」と語った他、ゴシップ報道について、「何も知らないくせに。化学療法を受けているのよ、このろくでなし、と言ってやりたかった」と回想している。

 また、米人気歌手テイラー・スウィフト(Taylor Swift)さんとの友情にも支えられたといい、「(スウィフトさんは)私に元気をくれた」と語っている。

 米国ループス財団(Lupus Foundation of America)によると、ループスにかかっている人は世界で約500万人と推定され、患者は出産適齢期の女性に偏っている。

 ゴメスさんは自らの病状について詳しくは語らなかったが、この病気の一般的な治療薬はメトトレキサート(Methotrexate)と呼ばれる化学療法剤で、極少量が抗炎症剤として使用され、副作用の一つには抜け毛がある。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>