トップ > 環境・科学 > 科学・技術

新種のヒト属「ホモ・ナレディ」、樹上生活も道具使用か 研究

2015年10月7日 11:53 発信地:パリ/フランス

このニュースをシェア

新種のヒト属「ホモ・ナレディ」、樹上生活も道具使用か 研究
新種のヒト属「ホモ・ナレディ」の骨(2014年9月10日撮影)。(c)AFP/STEFAN HEUNIS

【10月7日 AFP】絶滅した初期ヒト属の足と手の骨から、人類の祖先が木登り、直立歩行、道具の作製などの多様な能力を持っていたことが分かったとする2件の研究結果が6日、発表された。

 研究チームは、南アフリカの深い洞窟で約1500個の骨が発見され、その存在が明らかになった新種のヒト属「ホモ・ナレディ(Homo naledi)」により、現生人類に至る進化の道筋は一直線とする考え方が覆されるとしている。

「ホモ・エレクトス(Homo erectus)」や「ホモ・ハビリス(Homo habilis)」など、ホミニン(ヒト族、類人猿を除く現生種と絶滅種の人類を表す用語)に分類される初期ヒト属の一種であるホモ・ナレディは、類人猿と現生人類の両方の特徴を、他に類を見ないほど併せ持っている。

 小型の脳や低身長、湾曲した手足の指などは、類人猿由来の特徴を示している。

 だが、道具を扱える手や歩行に適した足は、約200万~300万年前に現れた他の直立人類種の多くよりも、現生人類ホモ・サピエンス(Homo sapiens)に近いものだった。

 研究チームはまだ、ホモ・ナレディの骨の年代を特定できていないため、ますます複雑化する初期人類の年表のどこにホモ・ナレディが位置付けられるのかについては、正確には分かっていない。

 ホモ・ナレディの足に関する研究論文の主執筆者、ウィリアム・ハーコート・スミス(William Harcourt-Smith)氏は「だが、年代に関係なく、このヒト種は、行動と骨格の両観点からの人類進化の考え方に革命的な変化を引き起こそうとしている」と指摘している。

 英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に発表されたこの研究は、合計107個の足骨からなる、ほぼ完全な右足の分析により、ホモ・ナレディが直立と長距離歩行によく適応していたことを明らかにした。

 ハーコート・スミス氏は、声明で「ホモ・ナレディの足は、肩、頭蓋骨、骨盤などの体の他の部位より進歩していた」、つまり、進化が進んでいたと述べている。

 この組み合わせの結果として、ホモ・ナレディは、現生人類や同時代に生息していた他のどのヒト種ともわずかに異なる「別種の(直立)二足歩行」を行っていた可能性が高い。

「ホミニンの中では、さまざまな『実験』が数多く行われた。つまり、現生人類の歩行様式への道は、一直線ではなかったのだ」とハーコート・スミス氏は説明する。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>