トップ > ニュース > 政治

ドイツ、国境検問を再導入 難民大量流入で

2015年9月14日 8:11 発信地:フライラッシング/ドイツ

このニュースをシェア

ドイツ、国境検問を再導入 難民大量流入で
1/4
独南部バイエルン州フライラッシングのオーストリア国境付近で、シリア人移民を検査する警官(2015年9月13日撮影)。(c)AFP/GUENTER SCHIFFMANN

【9月14日 AFP】ドイツ当局は13日、記録的な規模に膨らんでいる移民や難民の国内流入に対処することが不可能になったとして、国境での検問の再導入に踏み切った。

 現地のAFP記者によると、対オーストリア国境近くでは、国境検問開始の発表から数時間以内に旅券(パスポート)検査が始まった。夜のとばりが下りる中、バイエルン(Bavaria)州フライラッシング(Freilassing)の検問所では、蛍光色のベストを着用した警官がすべての車両と通行人を停止させ、徒歩で国境を越えようとしたシリア人移民3人に道路わきにとどまるよう指示した。

 ベルギーのブリュッセル(Brussels)では14日、欧州連合(EU)域内全体で移民らの受け入れを分担する欧州委員会(European Commission)の計画に関する内相会議が行われる予定。シリアなどを逃れた難民たちの苦境に対しては同情的な世論が高まっているが、東欧の数か国は、受け入れ人数の義務化に反対する姿勢を示している。

 ドイツの国境検問の再導入は、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相が先に示していたシリア難民歓迎の姿勢が180度転換したことを示唆している。これによりドイツは、加盟国圏内の査証(ビザ)なし渡航を認める「シェンゲン(Schengen)協定」への参加を事実上、一時停止することになる。

 トマス・デメジエール(Thomas de Maiziere)内相は、「この措置の目的は、当面のドイツへの(移民・難民の)流入を止め、秩序あるプロセスへと戻ることだ」と述べた。バイエルン州ミュンヘン(Munich)市ではこの2週間に6万3000人の難民申請者がなだれ込んでいる。

 移民の流入を防ぐためにセルビアとの国境にフェンスを設置しているハンガリーのオルバン・ビクトル(Orban Viktor)首相は、ドイツの措置を歓迎。チェコも、オーストリアとの国境警備を強化すると発表した。(c)AFP/Ralf ISERMANN with Eric RANDOLPH in Roszke, Hungary

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>