トップ > ニュース > 社会

児童文学賞取った小説が発禁に、性・薬物描写に保守派が異議 NZ

2015年9月7日 16:35 発信地:ウェリントン/ニュージーランド

このニュースをシェア

児童文学賞取った小説が発禁に、性・薬物描写に保守派が異議 NZ
ニュージーランド・オークランド市街の風景(2011年10月21日撮影、資料写真)。(c)AFP/GABRIEL BOUYS

【9月7日 AFP】ニュージーランドで、児童文学賞を受賞した10代向け小説が、セックスやいじめの描写が含まれていることを理由に発禁処分を受け、大きな波紋を呼んでいる。同国での書籍の発禁処分は20年以上ぶり。1993年に施行された現行の出版法の下では初めてという。

 処分を受けたのは、オークランド(Auckland)在住のテッド・ドウ(Ted Dawe)氏の著作「Into the River(川の中へ)」。2013年の「ニュージーランド・ポスト児童図書賞(New Zealand Post Children’s Book Awards)」を受賞した作品だ。

 ドウ氏は、地元紙ニュージーランド・ヘラルド(New Zealand Herald)に「不意を突かれた」と発禁処分についてコメント。「異常事態だ。怒りを共有する人々から、相当数の電子メールを受け取った」と明かし、次のように述べた。

「私たちは、本が発禁になるような国に住んでいるのか?この次は焼かれるのだろう」

 問題とされた作品は、先住民マオリ(Maori)の少年を描いている。少年は奨学金を獲得してオークランドの名門寄宿学校に入学するものの、人種差別や薬物問題の中で苦闘するという物語だ。

 処分を受け、今後は同作を販売した個人には最大3000ニュージーランド・ドル(約22万5000円)、法人には最大1万ニュージーランド・ドル(約75万円)の罰金が科される。

 ニュージーランド映画・文学審査委員会(Film and Literature Board of Review)によると、発禁措置に踏み切ったきっかけは、保守派ロビー団体「ファミリー・ファースト・ニュージーランド(Family First New Zealand)」が、性行為や粗暴な言葉遣い、薬物摂取の場面が詳細に描かれているとして同作に異議を申し立てたことだという。ただし今回の措置は一時的なもので、来月に処分の見直しを予定しているという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>