【9月3日 AFP】オーストラリア首都キャンベラ(Canberra)郊外で見つかった「毛の伸びすぎた」巨大ヒツジが3日、毛刈りの全国チャンピオンによって毛刈りされた。

 刈り取られた毛は重さ40.45キログラム分に上った。「オーストラリア毛刈り職人の殿堂(Australian Shearers' Hall of Fame)」入りしている全国チャンピオンのイアン・エルキンス(Ian Elkins)さんはAFPに「普通の毛刈りは3分で終わるが今回は42分かかったよ」と語った。

 王立動物虐待防止協会(Royal Society for the Prevention of Cruelty to AnimalsRSPCA)は、ギネス世界記録(Guinness World Records)の「1頭のヒツジから1回の毛刈りで刈り取った毛の世界記録」更新の可能性があるとして、ギネス世界記録側に問い合わせる予定だ。これまでの記録は、昨年1月に樹立された28.9キログラムだ。(c)AFP