【8月22日 AFP】デンマークのコペンハーゲン(Copenhagen)にあるニイ・カールスベルグ・グリプトテク(Ny Carlsberg Glyptotek)美術館は21日、フランス人彫刻家オーギュスト・ロダン(Auguste Rodin)作のブロンズ製胸像が2人組の男に盗まれたと発表した。

 盗まれたのはロダンの1863年の作品「鼻のつぶれた男(Man with a Broken Nose)」。同美術館のヤコブ・アンドレアセン(Jakob Fibiger Andreasen)広報担当は、「今のところ、胸像の行方は判明しておらず、警察が捜査中」と述べた。アンドレアセン氏は、胸像の価格について言及は避けたが、同国メディアは、胸像には約200万クローネ(約3700万円)の価値があると報道している。像が盗まれたのは先月16日だが、美術館は公表するのを差し控えていた。

 監視カメラの映像には、美術館の営業時間内に白昼堂々、2人が胸像を土台から持ち上げ、プラスチックの袋に入れた後に別のバッグの中に入れ、建物から出ていく姿が映し出されていた。また先月7日の映像には、同じ2人が美術館で警報機を停止させている様子が映し出されていたという。

 アンドレアセン氏は、「誰が胸像を盗んだとしても、国際刑事警察機構(インターポール、InterpolICPO)と欧州警察機構(ユーロポール、Europol)に通報してあるため、(胸像を)移動するのは困難だろう」と語った。(c)AFP