トップ > 環境・科学 > 科学・技術

新石器時代に残虐な集団暴力行為、独で発見の人骨示唆 研究

2015年8月19日 12:34 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

新石器時代に残虐な集団暴力行為、独で発見の人骨示唆 研究
英ストーンヘンジ近くで発掘された、新石器時代後期のものとされる道具(2013年2月26日公開、本文とは関係ありません)。(c)AFP/ENGLISH HERITAGE / JAMES O. DAVIES

【8月19日 AFP】新石器時代のものと見られる集団墓地から発掘の人骨26体から、約7000年前の争いが恐ろしく残虐なものであったことが示唆されたとする研究論文が17日、発表された。集団墓地はドイツで見つかった。

 米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of SciencesPNAS)に掲載された論文によると、この発見は、新石器時代初期において、集団的な暴力行為が重要な役割を果たしていたとする説を新たに裏付けるもので、線形陶器文化の衰退の原因となった可能性もあるとしている。

 古代の集団墓地をめぐっては、専門家の間では激しい議論が交わされてきた。またこのような遺構が見つかることはきわめてまれだという。

 最近では、2006年にドイツの道路工事現場から見つかっている。

 論文執筆者らによると、このような共同体全体の虐殺行為は、特に珍しいものではなく、むしろ線形陶器文化の末期では頻発していたとされる。

 ドイツで発見された骨からは、いわゆる「葬儀」を経て埋葬されたものではないことが示されているという。それは、頭蓋骨の多くに、致命傷となったと思われる激しい打撃による陥没や、矢傷の痕跡が見られるためだ。

 このたび発見された多くの骨からは、下肢部に大きなダメージを受けていることが見て取れた。研究者らによると、これは死亡前後での拷問あるいは切断を示唆しているという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>