【8月12日 AFP】米南部フロリダ(Florida)州で、農業関係者たちが農産物をぬるぬるした敵から守ろうと「アフリカマイマイ」の撲滅に奮闘している。アフリカマイマイは、したたかで感染症を媒介することもある巨大なカタツムリだ。成長するとテニスシューズほどの大きさになることもある。

 マイアミ(Miami)でアフリカマイマイが見つかったのは4年前。以来、巨大カタツムリたちはゆっくりと、しかし確実に増殖し続けてマイアミや隣接するブロワード(Broward)郡の住民を不安に陥れている。

 フロリダ州農務局のマーク・ファガン(Mark Fagan)報道官によると、2011年から取り組んできたアフリカマイマイ撲滅計画に同州が費やした金額は1080万ドル(約13億5000万円)にのぼる。フロリダでは1960年代にもアフリカマイマイが大発生しており、このときは完全撲滅までに10年を要した。

 ウイルスに感染したネズミの排泄物を食べたアフリカマイマイは有害な寄生虫の宿主となり、ヒトが感染すると特異な髄膜炎にかかる恐れがある。

 「アフリカマイマイはヒトや動物の健康に有害なうえ、フロリダの農産物にとっても脅威だ。増殖させるわけにはいかない」と、ファガン報道官は危機感を募らせる。

■強大な繁殖力、産卵1200個

 アフリカマイマイは大きさも巨大だ。フロリダで発見された最大のものは体長が18センチ近くもあった。また繁殖力も強く、1年に1200個もの卵を産むこともある。

 この巨大カタツムリの駆除で、フロリダ州が最初に試みたのが有機殺虫剤だった。だが効果はみられず、メタアルデヒドを含有する軟体動物駆除剤に切り替え、当時の個体の95~100%を駆除した。

 だが、アフリカマイマイはしばしば樹木にのぼり、地上に撒かれた駆除剤を免れる。何か月も姿を見せないこともあるが、地中で冬眠し気温と湿度が高いハリケーンシーズンになると再び姿を現す。

 昨年9月にはマイアミ郊外パインクレスト(Pinecrest)で、たった一軒の家屋内とその周辺で約5000匹ものアフリカマイマイが発見された。この家の住人は定期的に庭の手入れをし、芝生の緑を保つため屋外でもスプリンクラーで水やりをしていたという。この環境は「マイマイにとって天国だ」と州農務局の専門家は指摘する。

 アフリカマイマイがフロリダに入り込んだ経緯は不明だ。カタツムリを用いるアフリカ・カリブ地域の伝統儀式用に持ち込まれたとの見方もあるが、この儀式の実践者はフロリダ原産の小さなカタツムリしか用いていないと、これを否定している。(c)AFP/Kerry SHERIDAN