【7月16日 AFP】フランスのベルナール・カズヌーブ(Bernard Cazeneuve)内相は15日、仏軍を標的とした攻撃計画を阻止したと発表した。捜査関係筋によると、容疑者らは兵士の斬首を計画していたという。

 カズヌーブ内相は記者会見で、内務省の情報機関である国内治安総局(DGSI)が「仏軍事施設へのテロ行為」を計画していた容疑で4人の身柄を拘束したことを明らかにした。

 仏各地で15日未明に拘束された容疑者は16~23歳で、1人は元海軍兵士だという。また、4人のうち首謀者と特定された1人は、シリアのイスラム過激派支配地域への渡航を計画していたという。

 匿名で取材に応じた捜査当局筋によれば、4人は仏軍兵士1人を斬首し、その様子を動画撮影する計画を立てていたという。(c)AFP