トップ > ニュース > 政治

日本からP3C哨戒機を調達したい、フィリピン国防省が表明

2015年6月26日 12:48 発信地:マニラ/フィリピン

このニュースをシェア

日本からP3C哨戒機を調達したい、フィリピン国防省が表明
千葉県の陸上自衛隊習志野駐屯地で訓練に参加する海上自衛隊のP3C哨戒機(2013年1月13日撮影)。(c)AFP/KAZUHIRO NOGI

【6月26日 AFP】フィリピン政府は25日、日本から防衛装備を調達したいとの意向を表明した。両国は、南シナ海(South China Sea)の領有権問題をめぐる中国の強引な権利主張に直面し、連携を深めている。

 フィリピン軍と自衛隊は今週、南シナ海で初の合同演習を実施したが、首都マニラ(Manila)で記者会見したフィリピン国防省のピーター・ポール・ガルベス(Peter Paul Galvez)報道官は、演習に参加した自衛隊のP3C哨戒機オライオン(Orion)に特に関心があると述べた。

 ガルベス報道官は「わが国としては、P3の調達に興味がある」「もちろん余剰兵器にならないかどうか、次に、とにかく低価格で入手できないかを現在確認している」と語ったが、詳細は明らかにしなかった。

 また、フィリピンはUHヘリコプターにも関心があるとガルベス報道官は述べた。

 国防予算に限りのあるフィリピンは、日米との防衛協力を強化して中国への対抗力を高めようとしている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>