トップ > ライフ > ライフ

法王からの電話、いたずらと勘違いして切る

2015年5月1日 10:46 発信地:バチカン市国

このニュースをシェア

法王からの電話、いたずらと勘違いして切る
1/3
バチカンのパウロ6世ホールで、信者らにほほ笑みかけるフランシスコ法王(2015年4月30日撮影)。(c)AFP/TIZIANA FABI

【5月1日 AFP】ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王からかかってきた電話をいたずらだと思って2度も切ってしまったイタリア人男性が、非礼を法王に謝罪したとバチカン日刊紙オッセルバトーレ・ロマーノ(l'Osservatore Romano)が4月30日、報じた。

 フランシスコ法王が手紙をもらったり窮状を耳にしたりした信者に自ら接触することはよくあることで、先月27日にも病に苦しんでいるというフランコ・ラビュッフィ(Franco Rabuffi)さんを慰めようと、ラビュッフィさんに電話をかけた。ところが、いたずら電話と思い込んだラビュッフィさんは法王からの電話を切ってしまった。

 ラビュッフィさんは法王がかけなおしてきた電話も切り、3度目の電話でようやく本物の法王だと認識した。

 ラビュッフィさんは「言葉も出なかったが、法王が(いたずら電話と勘違いしたことが)面白かったと、救いの手をさしのべてくださった」とオッセルバトーレ紙に語っている。

 その後、ラビュッフィさんは妻とともに先月29日にバチカンを訪れ、恒例の一般謁見で、電話を切ってしまったことを直接法王に謝ったという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>