【3月21日 AFP】リベリア政府は20日、首都モンロビア(Monrovia)で、約1か月ぶりに新規のエボラ出血熱患者が確認されたと発表した。

 エボラ出血熱のピーク時には最も大きな打撃を受けこれまでに4000人以上がこの病気で死亡したリベリアだが、現在は新規患者がほぼ出なくなる感染終結期にあり、4月中旬にもエボラ出血熱感染終結宣言が出されるとみられていた。

 リベリア政府のルイス・ブラウン(Lewis Brown)報道官は、「女性1人が新たにエボラ出血熱に感染したことが確認された。それまでの27日間はただ1人の新規患者も出ていなかった。(エボラ熱をめぐる状況は)後退した」とAFPに述べた。

 世界保健機関(World Health OrganizationWHO)は今月初め、リベリアでは2月19日から新規感染患者が出ていないと発表していた。WHOによると、その時点で知られていた最後の感染例の関係者全員がすでに21日間の経過観察期間を終えているため、新規患者の女性の感染経路は分かっていないという。(c)AFP