トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

アルビノの6歳少年、右手を切り落とされる タンザニア

2015年3月9日 17:32 発信地:ダルエスサラーム/タンザニア

このニュースをシェア

アルビノの6歳少年、右手を切り落とされる タンザニア
タンザニア・ダルエスサラームで、アルビノ(先天性色素欠乏症)の子どもを背負った母親たち(2014年5月5日撮影、資料写真)。(c)AFP/MILLIYET DAILY/BUNYAMIN AYGUN

【3月9日 AFP】アルビノ(先天性色素欠乏症)の人たちへの襲撃が多発しているタンザニアで7日、アルビノの6歳の少年が襲われ右手を切断された。警察が8日、明らかにした。

 地元警察によると、タンザニア南西部ルクワ(Rukwa)地域のキペンダ(Kipenda)で7日夜、6歳の少年が自宅で母親と寝ていたところ、男らの一団がなだれこんできた。男らは、少年を引き渡すことを拒んだ母親を集団で殴りつけその後、少年の右手を山刀で切り落として出て行った。少年と母親は病院で手当てを受けているという。

 タンザニアでは、体の一部を呪術などに使用する目的でアルビノの人たちに対する襲撃や殺害が横行しており、数日前にジャカヤ・ムリショ・キクウェテ(Jakaya Mrisho Kikwete)大統領がこうした事態を「非常に不快であり、国の大恥だ」と厳しく批判したばかりだ。

 また先週には、アルビノの女性の手足を切断して殺害した4被告に死刑判決が言い渡されている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>