トップ > ニュース > 社会

「お年寄りはエイリアンではない」、ローマ法王

2015年3月5日 12:32 発信地:バチカン市国

このニュースをシェア

「お年寄りはエイリアンではない」、ローマ法王
1/3
バチカン市国で巡礼者を祝福するローマ・カトリック教会のフランシスコ法王。ローマ法王庁提供(2015年3月3日撮影)。(c)AFP/OSSERVATORE ROMANO

【3月5日 AFP】ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王(78)は4日、バチカンのサンピエトロ広場(St Peter's Square)で行われた毎週の祈りの中で、高齢者に対しては愛情と尊敬を示し、「エイリアン」扱いしてはいけないと語った。

 高齢者や社会的弱者に寄り添う姿勢が信者たちから高く評価されているフランシス法王は、「高齢者の切り捨ては大罪だ」と1万2000人の信者を前に言明。「お年寄りはエイリアンではない。私たちも間もなく、あるいはいずれ、必ず年をとる。つい、そのことを考えないようにしがちだが」と語った。

「お年寄りを切り捨てる社会は、内側に致死性のウイルスを抱えている」

 法王はさらに、平均寿命が延びるにつれ「老い」は「敬遠される病気」のような扱いを受けるようになったと指摘。信者に向けて「お年寄りを大切にし、尊敬することを学ばなければ、やがて私たちも同じ扱いを受けるだろう」と警告した。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>