トップ > 環境・科学 > 科学・技術

「深海のエイリアン」豪州沖で希少サメを発見

2015年3月3日 16:52 発信地:シドニー/オーストラリア

このニュースをシェア

「深海のエイリアン」豪州沖で希少サメを発見
1/4
豪シドニーのオーストラリア博物館が公開した同国沖で発見されたミツクリザメ(撮影日不明、2015年3月3日公開)。(c)AFP/AUSTRALIAN MUSEUM

【3月3日 AFP】豪シドニー(Sydney)のオーストラリア博物館(Australian Museum)は3日、同国沖で見つかった「深海のエイリアン」の異名を持つ希少な海洋生物を公開した。

 突き出た鼻先に鋭い歯、柔らかいピンク色の体など、先史時代の生物を思わせる外見のこの生物は、深海の海底近くに生息するミツクリザメの一種。その生態はほとんど分かっていない。

 オーストラリア博物館で海洋生物収集を担当するマーク・マグルーサー(Mark McGrouther)氏によると、同博物館のミツクリザメは1980年代に2匹が持ち込まれて以来、まだ4匹目。

 今回の個体は、1月に豪南東沿岸イーデン(Eden)近くで、水深約200メートルから漁師が引き揚げたもの。地元の水族館で良好な状態で保管された後、オーストラリア博物館に移送された。

 ミツクリザメは起源を約1億2500万年前までさかのぼる海洋生物で、生きた化石と考えられている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>