2016年4月訂正

>屋根裏から「カラバッジョ名画」発見 推定150億円の価値 仏

本文第5段落で「カラバッジョの弟子であるフランドル地方の画家ルイス・フィンソン」としていた部分を「カラバッジョの作風に影響を受けたフランドル地方の画家ルイス・フィンソン」に訂正しました。カラバッジョは弟子を取りませんでした。

(2016年4月15日)

 

2016年3月訂正

>シリア「戦争しか知らない子供たち」、3人に1人 ユニセフ報告

本文第3段落にあった「内戦前の人口の半分以上に当たる2300万人が自宅を追われた」という部分は、「内戦前の人口である2300万人の半分以上が自宅を追われた」の誤りでしたので、訂正しました。

(2016年3月16日)

 

>チャウシェスク元大統領の豪邸、初の一般公開 ルーマニア

本文第2段落で、チャウシェスク大統領夫妻が処刑されたのは「大量虐殺の罪で起訴された数日後」としていましたが、これは「失脚した数日後」の誤りでした。夫妻は1989年12月25日に即決裁判で死刑判決を受け、その日ただちに処刑されました。

(2016年3月15日)

 

>シリア、包囲作戦で数千人に餓死の危機 国連

国連人権理事会(UNHRC)の発表内容を「シリア国内では包囲攻撃により約50万人が影響を受け、数千人の餓死者が出ている可能性がある」としていましたが、UNHRCが公式に訂正したことを受けて「シリア国内では包囲作戦により約50万人が影響を受けており、今後、数千人が餓死する恐れがある」に訂正し、合わせてその他の部分も和文も手直ししました。また、フセイン氏の肩書を「国連人権高等弁務官」に訂正しました。同氏がトップを務める国連機関は当初書かれていた「国連人権理事会(UNHRC)」ではなく「国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)」です。

(2016年3月1日)