【11月26日 AFP】カンボジア・プノンペン(Phnom Penh)で観光客らを背中に乗せて働く唯一のゾウが引退することになり、25日にお­別れパーティーが開かれた。54歳のメスのゾウ「サンボ(Sambo)」はプノンペン­の寺院で30年間働いてきたが、今後はジャングルで快適な生活を送るという。パーティ­ーでは、僧侶たちがサンボのためにお経を唱えた。(c)AFP