【11月11日 AFP】米航空宇宙局(NASA)が公開した、「M7.9クラス」の太陽フレアの画像。米東部標準時間の5日午前4時47分(日本時間同日午後6時47分)にピークを迎えたこの太陽フレアは、3日に太陽の左側から回り込んできた活動領域「AR 12205」で発生した2つ目の中規模フレア。画像は、太陽観測衛星「SDOSolar Dynamics Observatory)」が捉えた極紫外線を基に、赤と金色で色づけされ作成された。(c)AFP