【9月18日 AFP】サッカーブラジル代表のドゥンガ(Dunga)監督は17日、北京(Beijing)で行われるアルゼンチン戦とシンガポールで行われる日本戦のアジアツアーに向けて、CSKAモスクワ(CSKA Moscow)のマリオ・フェルナンデス(Mario Fernandez)とインテル(Inter Milan)のドド(Jose Rodolfo Pires Ribeiro 'Dodo')ら守備の新戦力を含めた代表メンバーを発表した。

 ブラジルは、10月11日にアルゼンチンとのスーペルクラシコ(Superclasico de las Americas)、その3日後にはシンガポールで日本との親善試合が控えており、7月に前任のルイス・フェリペ・スコラーリ(Luiz Felipe Scolari)氏から引き継いだドゥンガ監督は、W杯ブラジル大会(2014 World Cup)後の代表チームの地固めをすることになる。

 1994年のW杯米国大会ではセレソン(ブラジル代表)の主将を務め、準決勝でオランダに敗れた2010年のW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)後に指揮官を解任されたドゥンガ監督は「われわれはスタートしたばかりで、全選手を入れ替えることは意味がない。まずは基礎を固めて、その継続を図る必要がある。若手選手には安定感をもたらす一方で、彼らの熱意をうまく利用する」と述べた。

「ブラジル対アルゼンチンのスーペルクラシコを観戦することは、中国にとって特別なことだろう。中国国民にとって良いことであり、われわれにとっても重要な試合だ」

 スーペルクラシコは、最近ではホーム&アウェー方式で行われたが、ブラジルとW杯ブラジル大会準優勝アルゼンチンが対戦する今回の試合は、国際サッカー連盟(FIFA)公認の親善試合として中国で行われ、ネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)をはじめ欧州のクラブで活躍する選手たちの招集が可能となる。

 アルゼンチン戦と日本戦に臨むブラジル代表メンバーは以下の通り。

■ゴールキーパー(GK)
ジェフェルソン(Jefferson de Oliveira Galvao)/ボタフォゴFR(Botafogo FR
ラファエウ・カブラル・バルボサ(Rafael Cabral Barbosa)/ナポリ(SSC Napoli

■ディフェンダー(DF)
ダビド・ルイス(David Luiz)/パリ・サンジェルマン(Paris Saint-GermainPSG
マルキーニョス(Marcos Aoas Correa "Marquinhos")/パリ・サンジェルマン
ジウ(Carlos Gilberto Nascimento Silva "Gil")/コリンチャンス(Corinthians
ミランダ(Joao Miranda de Souza Filho)/アトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid
フィリペ・ルイス・カスミルスキ(Filipe Luis Kasmirski)/チェルシー(Chelsea
ダニーロ(Danilo Luiz da Silva)/FCポルト(FC Porto
マリオ・フェルナンデス/CSKAモスクワ
ドド/インテル

■ミッドフィールダー(MF)
ルイス・グスタヴォ(Luiz Gustavo)/VfLボルフスブルク(VfL Wolfsburg
エリアス(Elias Mendes Trindade)/コリンチャンス
フェルナンジーニョ(Fernandinho)/マンチェスター・シティ(Manchester City
ラミレス(Ramires Santos do Nascimento)/チェルシー
エヴェルトン・リベイロ(Everton Ribeiro)/クルゼイロEC(Cruzeiro EC
ウィリアン(Willian Borges da Silva)/チェルシー
フィリペ・コウチーニョ・コレイア(Philippe Coutinho Correia)/リバプール(Liverpool FC
オスカル(Oscar dos Santos Emboaba Junior)/チェルシー

■フォワード(FW)
ネイマール/バルセロナ(FC Barcelona
ジエゴ・タルデッリ(Diego Tardelli)/アトレチコ・ミネイロ(Clube Atletico Mineiro
リカルド・グラール(Ricardo Goulart)/クルゼイロEC
ロビーニョ(Robinho)/サントスFC(Santos FC

(c)AFP/Chris WRIGHT