トップ > 環境・科学 > 環境

リオ五輪会場の湾は「巨大トイレ」、浄化作業進まず

2014年8月6日 16:26 発信地:リオデジャネイロ/ブラジル

このニュースをシェア

リオ五輪会場の湾は「巨大トイレ」、浄化作業進まず
1/5
ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)のグアナバラ湾(Guanabara Bay)に流れ込むペーニャ(Penha Canal)運河で、水面に浮かべたブイにせき止められたごみを回収する作業員たち(2014年8月5日撮影)。(c)AFP/YASUYOSHI CHIBA

【8月6日 AFP】ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で開催される2016年夏季五輪の会場の一つであるグアナバラ湾(Guanabara Bay)は、犬や猫の死骸やテレビ、ソファ、靴などのごみであふれており、地元生物学者から「巨大なトイレ」と呼ばれるありさまとなっている。

 同湾の水質浄化は、同市が五輪招致を勝ち取った際に掲げられた公約の一つだった。ブラジル当局は、湾の浄化作業は2016年8月5日の五輪開幕までに8割程度までが終了すると主張している。だが、作業は開催に向けたその他の準備と同様、すでに予定より遅れが生じており、2日から同湾で始まったセーリングのテスト大会に出場した各国の選手からも懸念の声が上がっている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>