トップ > ニュース > 戦争・紛争

「カダフィ政権崩壊時より悪い」、国外脱出のリビア在留外国人

2014年8月3日 14:59 発信地:ピレウス/ギリシャ

このニュースをシェア

「カダフィ政権崩壊時より悪い」、国外脱出のリビア在留外国人
1/4
情勢悪化を受けてリビアの首都トリポリ(Tripoli)を脱出するためギリシャ海軍のフリゲート艦「サラミス(Salamis)」に乗り込む在留外国人とリビア駐在の各国大使館職員ら(2014年8月1日撮影、ギリシャ沿岸警備隊提供)。(c)AFP/HELLENIC COAST GUARD

【8月3日 AFP】リビアは内戦の悪循環に陥ろうとしており、状況はムアマル・カダフィ(Moamer Kadhafi)大佐の独裁政権が崩壊した2011年よりはるかに悪い──国外に退避したリビア在留外国人が2日、AFPに語った。

 ギリシャ人のパラスケビ・アシネウ(Paraskevi Athineou)さんは「カダフィ政権時代に(内戦を)経験したが、今の状況の方がずっと悪い」と述べた。「混乱が支配している無政府状態で、食料や燃料、水、電気の供給が長時間途絶えている」

 アシネウさんを含む186人はリビアの首都トリポリ(Tripoli)を脱出し、ギリシャ海軍のフリゲート艦サラミス(Salamis)で2日未明にギリシャのピレウス(Piraeus)港に到着。国籍別の内訳はギリシャ人77人、中国人78人、英国人10人、キプロス人12人、ベルギー人7人、アルバニア人1人、ロシア人1人だった。この中には中国の駐リビア大使を含む数人の外交官も含まれていた。

 カダフィ政権の崩壊後、リビアの治安には一向に改善の兆しがみえない。新政権はカダフィ政権打倒に協力した民兵組織を抑える力がなく、増大するイスラム武装勢力の脅威に直面している。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>