国際ニュース AFPBB News

エボラ出血熱流行、ギニアに対応センター開設へ WHO

2014年07月12日 11:11 発信地:ダカール/セネガル

このニュースをシェア

エボラ出血熱流行、ギニアに対応センター開設へ WHO ▲ キャプション表示
×エボラウイルスの感染者が治療を受けているギニアの首都コナクリ(Conakry)にあるドンカ(Donka)病院で、隔離病棟の周辺を歩く国際医療支援団体「国境なき医師団(Doctors Without Borders、MSF)」の職員(2014年6月28日撮影、資料写真)。(c)AFP/CELLOU BINANI
写真拡大
【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら

【7月12日 AFP】世界保健機関(WHO)は11日、西アフリカのエボラ出血熱の死者が数百人に上り、過去最悪の状況となっていることを受け、ギニアに対応センターを開設すると発表した。

 WHOが発表した最新のデータによると、エボラ出血熱の原因となるエボラウイルスはギニア、リベリア、シエラレオネで感染が拡大しており、死者は539人に上ったとみられている。

 これらの国には外国人の医師らに強い不信感を抱き、医師の指示に従わない人も多いため、エボラウイルスの感染者の治療は困難に直面している。葬儀で遺体に触れるといった伝統的な習慣も流行の拡大につながっていると指摘されている。

 WHOは声明で同センターについて、「優先順位と設定した目標に基づき、限られた非常に重要なリソースの効果的な分配と利用を確実に実行するという役割を担う」と説明している。(c)AFP

このニュースの関連情報

おすすめ写真特集

おすすめ動画特集

トピックス

注目ニュース

国際ニュースランキング

  • アクセス
  • 大画面

    今ネットで話題の記事

    お知らせ

    おすすめコンテンツ