トップ > スポーツ > サッカー > プレミアリーグ(英国)

マンU解任のモイーズが犯した5つの過ち

2014年4月23日 18:15 発信地:ロンドン/英国

このニュースをシェア

マンU解任のモイーズが犯した5つの過ち
13-14イングランド・プレミアリーグ第9節、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)対ストーク・シティ(Stoke City)。試合を見守るデビッド・モイーズ(David Moyes)監督(当時、2013年10月26日撮影)。(c)AFP/ANDREW YATES

■素人同然の戦術

 ファーガソン監督の下での勇敢なサッカーに慣れていたユナイテッドのサポーターは、すぐにモイーズ監督のサッカーにうんざりするようになった。モイーズ監督の戦術は守備的かつ後ろ向きで、チームがバランスも目的意識も失っているように見えることが多々あった。

 モイーズ監督は、エバートン時代も同様の保守的な哲学を持っていたが、エバートンは上位クラブと比べれば資金力で劣るため、言い訳の余地が残されていた。

 しかし、ユナイテッドのような資金の豊富なクラブに移り、そうした戦術を取る理由が何一つなくなった後も、モイーズ監督は自分のやり方にこだわった。そうした戦いぶりは、降格圏に沈むフラム(Fulham)との2月のリーグ戦で最底辺に達し、いつも通り一本調子な戦い方に終始した結果、プレミアリーグ記録となる81本のクロスを放り込みながらホームで2-2の引き分けに終わった。

 その傷に塩を塗るように、フラムのDFダン・バーン(Dan Burn)は、ユナイテッドのスタイルをアマチュアリーグを引き合いに出してあざけり、「あいつらに言ってやりたいよ、こんなにヘディングしたのはカンファレンス(アマチュア)の時以来だってね」とコメントした。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

関連記事

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>