トップ > スポーツ > サッカー > プレミアリーグ(英国)

マンU解任のモイーズが犯した5つの過ち

2014年4月23日 18:15 発信地:ロンドン/英国

このニュースをシェア

マンU解任のモイーズが犯した5つの過ち
13-14イングランド・プレミアリーグ第9節、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)対ストーク・シティ(Stoke City)。試合を見守るデビッド・モイーズ(David Moyes)監督(当時、2013年10月26日撮影)。(c)AFP/ANDREW YATES

■選手の監督不信

 両者ともに繰り返し否定しているが、モイーズ監督とロビン・ファン・ペルシー(Robin van Persie)の間には確執があったと言われており、モイーズ監督が上手くいかなかったことの大きな要因の1つにも見える。

 前シーズンに得点を量産し、ユナイテッドのリーグ優勝の立役者となったファン・ペルシーだが、不愛想なモイーズ監督の下ではプレーに対する意欲をほとんど欠いており、効果的にチームを操縦したファーガソン監督との人心掌握術の差を浮き彫りにさせた。

 モイーズ監督はまた、ネマニャ・ビディッチ(Nemanja Vidic)、ライアン・ギグス(Ryan Giggs)、リオ・ファーディナンド(Rio Ferdinand)らの年長の選手からも信頼を得ることができなかった。監督と選手との溝が初めて明らかになったのは前年12月のことで、ファーディナンドが同監督のメンバー発表が遅いことを公然と批判し、「頭がおかしくなりそうだ」とコメントした。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

関連記事

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>