トップ > スポーツ > サッカー > プレミアリーグ(英国)

マンU解任のモイーズが犯した5つの過ち

2014年4月23日 18:15 発信地:ロンドン/英国

このニュースをシェア

マンU解任のモイーズが犯した5つの過ち
13-14イングランド・プレミアリーグ第9節、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)対ストーク・シティ(Stoke City)。試合を見守るデビッド・モイーズ(David Moyes)監督(当時、2013年10月26日撮影)。(c)AFP/ANDREW YATES

■移籍市場での失敗

 モイーズ監督が正式に指揮官に就任したのは確かに昨年7月だが、それは夏の移籍市場の序盤で失敗が続き、迷走したことの言い訳にはならない。監督就任はその2か月前にはすでに内定しており、水面下で獲得候補の選手や所属クラブに接触する時間は十分にあった。

 ところがセスク・ファブレガス(Cesc Fabregas)やティアゴ・アルカンタラ(Thiago Alcantara)、アンデル・エレーラ(Ander Herrera)、レイトン・ベインズ(Leighton Baines)に声をかけては無下に断られ続けると、監督は面喰っているように見えた。

 その結果、パニックに陥ったモイーズ監督は慌ててマルアン・フェライニ(Marouane Fellaini)を適正以上の移籍金で獲得したが、フェライニはチームの足を引っ張る低調なパフォーマンスしか見せることしかできず、監督自身の場当たり的で、最終的に失敗に終わる手法のピッチ上の象徴のような存在になってしまった。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

関連記事

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>