トップ > 環境・科学 > 環境

「日本の捕鯨船から攻撃」、シー・シェパードが主張

2014年3月3日 14:42 発信地:シドニー/オーストラリア

このニュースをシェア

「日本の捕鯨船から攻撃」、シー・シェパードが主張
反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society、SS)が公開した、日本の捕鯨船が同団体の抗議船「ボブ・バーカー(Bob Barker)号」の視界を妨げるために使用するというサーチライトの光を捉えた画像(2014年2月23日撮影)。(c)AFP/SIMON AGER/SEA SHEPHERD AUSTRALIA LTD

【3月3日 AFP】反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation SocietySS)は3日、南極海(Southern Ocean)で活動中に日本の調査捕鯨船団から攻撃を受けたと訴える一方、捕鯨船の活動を監視するとしていたオーストラリア政府について、「約束を破った」と非難した。

 シー・シェパードは「勇新丸(Yushin Maru)」と「第三勇新丸(Yushin Maru No. 3)」が2日、同団体の抗議船「ボブ・バーカー(Bob Barker)号」の船首に向かって11回にわたり、スクリューやかじに引っかける目的で鋼鉄製のケーブルを放るなどしたと主張している。

 また、ボブ・バーカーがケーブルを切断し、船体を保護するために小型のボート2隻を降ろしたところ、船員に向かって竹やりが投げ付けられたという。

 今季の捕鯨が始まって以来、調査捕鯨船団とシー・シェパードの衝突は今回が3度目となる。これまでの小競り合いによる負傷者は出ていない。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

関連記事

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>