トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 災害

世界遺産の村で大火災、歴史的家屋が多数焼失 ノルウェー

2014年1月20日 9:33 発信地:オスロ/ノルウェー

このニュースをシェア

世界遺産の村で大火災、歴史的家屋が多数焼失 ノルウェー
1/12
ノルウェー南部ラルダールスエイリ(Laerdalsoyri)で起きた火災により被害を受けた家屋(2014年1月19日撮影)。(c)AFP/NTB/MARIT HOMMEDAL

【1月20日 AFP】国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界自然遺産に登録されているノルウェーの西ノルウェーフィヨルド群(West Norwegian Fjords)地域にある村で19日、大規模な火災が起き、18~19世紀の有名な木造家屋の多くが焼失、住民らが避難を余儀なくされた。警察が発表した。

 火災が起きたのは首都オスロ(Oslo)の北西約200キロメートルの河畔の村ラルダールスエイリ(Laerdalsoyri)で、18日夕方に1戸の住宅から出火した。

 火は強風にあおられ夜通し燃え続け、消防隊は19日午後にようやく鎮火に成功。警察発表によると、住宅16棟を含む23棟が焼け落ち、住民数百人が避難した。地元メディアは、史跡指定の建物数件が被害を受けたと伝えている。

 177人が煙を吸って病院で診察や手当てを受け、うち2人が現在も病院で治療を受けている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

関連記事

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>