【1月17日 AFP】イングランド・プレミアリーグのサンダーランド(Sunderland AFC)は16日、韓国代表の池東源(Dong-Won Ji、チ・ドンウォン)がドイツ・ブンデスリーガ1部のFCアウクスブルク(FC Augsburg)に完全移籍で復帰すると発表した。移籍金の額は不明となっている。

 22歳の池東源は、昨シーズン後半にレンタル移籍で加入したアウクスブルクで17試合に出場し、5得点を挙げる活躍を収めた。

 池東源はカタールで行われた第15回アジアカップ(AFC Asian Cup 2011)での活躍により、当時のスティーブ・ブルース(Steve Bruce)監督に見初められ、同年に韓国・Kリーグの全南ドラゴンズ(Chunnam Dragons)からサンダーランドに加入した。

 デビューシーズンは、その後王者となったマンチェスター・シティ(Manchester City)との対戦でロスタイムに決勝点を挙げるなど2得点を記録したが、ファーストチームでのポジション争いに敗れた。(c)AFP