トップ > ニュース > 政治

「サンタクロースはカナダ人」北極圏領有権を競うカナダ政府

2013年12月11日 16:15 発信地:オタワ/カナダ

このニュースをシェア

「サンタクロースはカナダ人」北極圏領有権を競うカナダ政府
米バージニア(Virginia)州のショッピングモールで子どもたちを喜ばせるサンタクロース(2008年12月20日撮影、資料写真)。(c)AFP/Karen BLEIER

【12月11日 AFP】ロシア政府が軍に北極圏の軍備増強を命じたことを受けて10日、サンタクロースは自国民だと主張するカナダ政府が、北極とサンタクロースの保護を固く誓った。

 カナダ政府は9日、国連(UN)に大西洋上の海上境界線を延長する申請を行ったことを発表し、北極と周辺海域の領有権を主張する意思を示した。これに応じ、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は北極圏に軍部隊の新設を命じ、天然資源開発などの可能性を秘める周辺地域について「これまで以上に積極的に権利を主張していく」と述べた。

 ロシアの動きを受け、カナダの内閣府高官は10日の議会で「われわれは北極圏の領有権を主張し、北極の保護にいっそう力を入れている。(野党の)自由党は、北極もサンタクロースもカナダのものではないと考えているようだが、われわれは違う。可能な限りの全力を尽くして両方を守ることを約束する」と述べた。

 これに対し、自由党のジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)党首も「サンタクロースがカナダ人であることは、誰もが知っている。彼の郵便番号は『H0H 0H0』だ」と同調した。

 カナダ郵便公社(Canada Post)は毎年、世界中の子どもたちが「カナダ、北極圏、H0H 0H0」のサンタクロースに宛てに送って来る手紙に返信している。(郵便番号は、サンタクロースの笑い声「ホッホッホー(ho ho ho)」が由来)

 しかし最大野党の新民主党は「サンタクロースは世界市民だ」と主張している。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>