トップ > ニュース > 政治

中国の防空識別圏は「日本がターゲット」、中国国営紙

2013年11月29日 12:48 発信地:北京/中国

このニュースをシェア

中国の防空識別圏は「日本がターゲット」、中国国営紙
朝日を受ける尖閣諸島(2012年8月19日撮影、資料写真)。(c)AFP/Antoine Bouthier

【11月29日 AFP】(一部更新)中国国営紙・環球時報(Global Times)は29日、中国が新たに設定した防空識別圏(ADIZ)の「第1のターゲット」は日本だとする社説を掲載した。もし日本政府が中国の防空識別圏を無視するなら「適当な時期に、ためらうことなく対抗措置を取るべきだ」と主張している。

 一方で米国や韓国など、日本と同様に中国の防空識別圏に抗議している国々に対しては「基本的に相手にするべきではない」とした。

 環球時報は「もし米国に行き過ぎがなければ、わが国の防空識別圏を防衛する上で米国を標的にはしない」と述べる一方、「わが国が今しなければならないのは、日本の挑発的行動に断固として反撃することだ」と主張。

 その他の国については、オーストラリアは基本的に中国との間で問題がないので「無視できる」、韓国は独自に日本との間に「緊張」を抱えているため「中国はこれまでの態度を変える必要はない」などと論じている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>