トップ > スポーツ > ウインタースポーツ > フィギュアスケート

17歳の閻涵がGPシリーズ初優勝、小塚3位 中国杯

2013年11月3日 7:57 発信地:北京/中国

このニュースをシェア

17歳の閻涵がGPシリーズ初優勝、小塚3位 中国杯
1/5
フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯(ISU Grand Prix of Figure Skating Cup of China 2013)男子シングル・フリースケーティング。演技に臨む閻涵(Yan Han、ハン・ヤン、2013年11月2日撮影)。(c)AFP/GOH CHAI HIN

【11月3日 AFP】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯(ISU Grand Prix of Figure Skating Cup of China 2013)は2日、中国の北京(Beijing)で男子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、中国の閻涵(Yan Han、ハン・ヤン)が合計245.62点でGP初優勝を飾った。

 ショートプログラム(SP)で首位に立った閻涵はそのリードを守り切り、明白に安心した様子を見せた。

 2012年の世界ジュニア選手権を制した17歳の閻涵は、4回転トーループ、3回転トーループのコンビネーションジャンプを成功させ、2度の4回転ジャンプを決めてFS首位に立ち、238.65点を記録したロシアのマキシム・コフトゥン(Maxim Kovtun)を2位に抑えた。

 SP3位につけていた小塚崇彦(Takahiko Kozuka)は、FSでは5位に終わったものの、226.92点で表彰台の一角を占めた。

 世界選手権(ISU World Figure Skating Championships 2013)銀メダリストのデニス・テン(Denis Ten、カザフスタン)は238.65点で4位だった。(c)AFP
 

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>