トップ > ライフ > ライフ

妻を働かせない権利を夫に付与、世界で15か国

2013年9月25日 15:52 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

妻を働かせない権利を夫に付与、世界で15か国
ボリビアのラパス(La Paz)の公共市場でラマの肉を売る先住民アイマラの女性(2013年3月15日、資料写真)。(c)AFP/Aizar RALDES

【9月25日 AFP】世界の少なくとも15か国では、「妻を働かせない権利」を夫に与えていることが、世界銀行(World Bank)が24日発表したビジネスの場における男女の平等に関する報告書で明らかになった。

 世銀の報告書「女性、経済活動、法(Women, Business and the Law)」2014版によると、対象とした143か国のうち、イランやシリア、ボリビア、ガボンなどを含む15か国では、「妻を働かせない権利」を夫に付与していた。また79か国では、女性が就ける職種を法律で制限していた。報告書によれば女性の雇用に関し、最も広範な規制があるのは東欧と中央アジアだという。

 こうした法律は歴史の名残でもある。「ナポレオン法典(Code Napoleon)」のような法律が丸ごと採用され、定期的な見直しや更新が行われなかったことから経済分野によっては古いものがそのまま残っている」のだという。

 ロシアの法律では、農業用トラックの運転手や貨物列車の運転士、木工職人など456種の職業に女性が就業することを禁じている。こうした法律は旧ソ連時代から受け継がれ、変更されていないままのものだ。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>