省庁の内部情報、グーグルグループで誤って公開

2013年07月10日 19:19 発信地:東京 【写真】 【ブログ】
  • 楽天SocialNewsに投稿!

東エルサレムにあるインターネットカフェのPC画面に映るグーグル(Google)のトップページ(2013年5月3日撮影、資料写真)。(c)AFP/AHMAD GHARABLI

関連写真1/1ページ(全1枚)

  • ウクライナ東部住民の過半数、ロシア編入を望まず 世論調査
  • オバマ米大統領、23日からアジア歴訪 同盟関係の強化狙う
  • バルト3国、ロシア語テレビ局創設に向けて協議
  • ウクライナ東部で反ユダヤ文書、何者かによる挑発か
  • 北朝鮮、正恩氏ポスターめぐり英に抗議状
  • アラスカは併合するには「寒すぎる」、プーチン大統領が冗談
  • 露テレビ特番、スノーデン元職員の質問にプーチン大統領が答える
  • グアンタナモの米海軍基地、収容施設内などを公開
  • ウクライナ4者協議で予想以上の合意、違法集団の武装解除など
  • プーチン露大統領、クリミアへの派兵を初めて認める
  • ウクライナ南東部、親露派300人が内務省軍を襲撃 3人死亡
  • 欧州連合で「国境なきポルノ映画」が実現した?
  • モルドバの沿ドニエストル、ロシアとEUに独立承認を要求
  • 前NY市長、銃規制の推進に51億円投入へ 反規制派に対抗
  • ウクライナ東部にロシア国旗掲げた装甲車
  • ベルルスコーニ元首相、高齢者施設で1年間の社会奉仕活動
  • ウクライナ、対テロ作戦開始で東部に部隊集結
  • 【図解】日中の軍事力比較
  • 米露大統領、ウクライナ問題で電話会談
  • 「インドのスパイダーマン」、ビルに登って有権者にアピール
【7月10日 AFP】日本の複数の省庁が、米グーグル(Google)のオンラインディスカッションサービス「グーグルグループ(Google Groups)」のプライバシー設定を誤り、国際条約の交渉内容を含む内部メモを一般に公開していたことが10日、当局の発表で明らかになった。

 グーグルグループは、共通の話題についてディスカッションするためのサービスで、電子メールまたはウェブサイトを通じてアクセスする。グループを作ったユーザーは、ディスカッションの閲覧やメッセージの投稿が可能なユーザーの範囲を設定することができるが、デフォルト(最初の設定)では誰もがトピックを閲覧できる状態になっている。

 環境省は、情報共有のために省庁職員が同サービスを使っていたことを認め、水銀の輸出入などを規制する国際条約での交渉の論点などが公開されていたと述べた。また、日本の交渉担当者らは交渉相手国であるスイスとノルウェーと意見交換した際の会談のメモもアップロードしていたという。同条約は今秋に採択が予定されている。

 環境省高官はAFPの取材に、進行中の交渉過程を外部に公開したことは問題だったと述べ、適切に対応したと述べた。公開されていたメモは「極秘」扱いではないが、一般に公開される予定ではなかったという。

 NHKによると、少なくとも6省庁で、グーグルグループの設定が誤っており、外部から内部情報を見ることができたという。

 また、読売新聞(Yomiuri Shimbun)は、省庁や民間の団体で情報を一般に公開していた事例を6000件以上発見したと報じた。通院者の病状や学校の生徒の個人情報などが公開されていたという。(c)AFP

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

このニュースへのリンク

http://www.afpbb.com/articles/-/2955281

トピックス

お知らせ

PRリンク

BPNPR

カテゴリ登録はこちらより