スノーデン容疑者、ロシアで「永久に足止め」の恐れ ウィキリークス

2013年06月26日 17:04 発信地:ロンドン/英国

このニュースをシェア

スノーデン容疑者、ロシアで「永久に足止め」の恐れ ウィキリークス ▲ キャプション表示

×香港(Hong Kong)某所で英紙ガーディアン(Guardian)とのインタビューに応じるエドワード・スノーデン(Edward Snowden)氏(2013年6月6日撮影、同10日提供)。(c)AFP/THE GUARDIAN

写真拡大
【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら
【6月26日 AFP】内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」は25日、米監視プログラムを暴露し、現在ロシアに滞在しているエドワード・スノーデン(Edward Snowden)容疑者が、米国による仲介国への圧力により、ロシアで永続的に足止めされる可能性が出てきたと発表した。

 ウィキリークスは、米マイクロブログのツイッター(Twitter)で、「スノーデン氏の米国旅券(パスポート)を無効にし、仲介国に圧力をかけることで、スノーデン氏はロシアに永続的に足止めされる可能性がある。(米国務省には)賢明な連中がいないようだ」と述べた。仲介国がどの国を指すのかは明らかにしていない。

 このコメントが発表されるまで、ウィキリークスは24時間以上にわたってコメントを出していなかった。

 元コンピューターハッカーのジュリアン・アサンジ(Julian Assange)容疑者率いるウィキリークスは、前週末のスノーデン容疑者の香港出国に同団体が協力したと述べており、現在もスタッフの1人がモスクワ(Moscow)でスノーデン容疑者に同行しているという。また、アサンジ氏によると、ウィキリークスはスノーデン容疑者に逃走資金と法務顧問を提供している。

■キューバ行き搭乗せず、モスクワの空港に滞在

 アサンジ氏は24日、エクアドル政府がスノーデン容疑者に対し「亡命渡航許可」を提供したと発表。スノーデン容疑者はエクアドル亡命に向け、24日発のキューバ行きの航空便に搭乗する予定だった。

 だが、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は25日、同容疑者が今もなおモスクワの空港の乗り継ぎ区域にいると表明。ジョン・ケリー(John Kerry)米国務長官は同日、ロシアに対し、米政府は「対立」を望んでいないと述べ、「冷静」になってスノーデン容疑者の身柄を引き渡すよう要求した。(c)AFP

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

おすすめ写真特集

トピックス

注目ニュース

国際ニュースランキング

  • アクセス
  • 大画面

    今ネットで話題の記事

    お知らせ

    BPNPR


    BPNディレクトリは2014年8月31日を持ちましてサービスを終了いたします。長らくのご愛顧ありがとうございました。

    カテゴリ登録はこちらより

    おすすめコンテンツ