世界の好感度No.1国はドイツ、英BBC調査

2013年05月26日 13:25 発信地:ロンドン/英国 【写真】 【ブログ】
  • 楽天SocialNewsに投稿!

ドイツ・ベルリン(Berlin)で、国旗を掲げて欧州選手権2012(UEFA Euro 2012)の試合を応援するサッカー・ファンたち(2012年6月13日撮影、資料写真)。(c)AFP/JOHN MACDOUGALL

関連写真1/1ページ(全1枚)

  • 世界の政治指導者や作家ら、ガルシア・マルケス氏を悼む
  • 水を浴びせられる少女たち、復活祭の伝統 ハンガリー
  • 満開の花、ドイツのチューリップ畑
  • イースターに「世界の卵」展、ドイツ
  • 砂浜を駆けるキャサリン妃、豪シドニー
  • 世界記録達成、全長2000メートル「おがくずカーペット」
  • 村上春樹さん、9年ぶり短編集「女のいない男たち」発売
  • 「ゼンタイ」フェチ ― 全身タイツに魅了された人々
  • W・ゴールドバーグ、マリフアナのコラムニストに
  • クリントン元大統領夫妻の娘チェルシーさん、秋に出産予定
  • 新スタイルのB&B?大麻が売りのホテルが登場 米国
  • 息子を殺された母親、執行直前の死刑囚を免罪 イラン
  • 3D印刷で名車がアートに NY自動車ショー
  • フランシスコ法王、巡礼者と帽子を交換
  • 元気いっぱい、ホワイトタイガーの子どもたち
  • ガルシア・マルケス氏死去、「百年の孤独」などでノーベル文学賞
  • 幻想的、米首都ワシントンの夜桜
  • メリーゴーラウンドを回して力自慢、「ノミのサーカス団」 独
  • 2024年の旅行はどうなっているか? 人気サイトが予測
  • キエフ発の抗議アート、ウィーンで展示会
【5月26日 AFP】英国放送協会(BBC)の海外向け放送、BBCワールドサービス(BBC World Service)は23日、毎年恒例の国際世論調査の結果、最も好感度の高い国はドイツだったと発表した。昨年1位だった日本は今年4位だった。

 評価対象とされたのは16か国で、それぞれの国の世界に対する影響が全般的に「良いもの」か「悪いもの」かを聞いた。その結果、回答者の約59%がドイツの影響を肯定的に捉えていると答えた。

 欧州債務危機への対応でドイツが主導する金融支援策によって、厳格な緊縮財政策が実施されているスペインでも、68%がドイツの影響力を肯定的に捉えていた。

 しかし、緊縮財政策を強硬に求めたアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相をナチス・ドイツ(Nazi)に例えたデモが登場するほど反ドイツの機運が高まったギリシャでは、52%がドイツの影響力を否定的に捉えていた。

 2位と3位には「影響力は肯定的」との回答をそれぞれ55%得たカナダと英国が入った。昨年トップだった日本は「影響力は肯定的」とする回答が昨年の58%から51%に減少し、4位だった。

 一方、最下位だったのはイランで、同国の影響力を肯定的に受け止めている人はわずか15%だった。下位3か国を占めたのはこのイランと、パキスタン、北朝鮮だった。

 調査はBBCの依頼を受けたカナダの民間調査会社グローブスキャン(GlobeScan)と米メリーランド大(University of Maryland)の国際政策観プログラム(Program on International Policy Attitudes)が、無作為に抽出した25か国の約2万6000人に直接質問する形で行った。(c)AFP

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

このニュースへのリンク

http://www.afpbb.com/articles/-/2946057

トピックス

お知らせ

PRリンク

BPNPR

カテゴリ登録はこちらより