トップ > ニュース > 戦争・紛争

兵器輸出、中国が英国抜き世界5位に

2013年3月19日 15:12 発信地:北京/中国

このニュースをシェア

兵器輸出、中国が英国抜き世界5位に
2008~12年の世界の兵器輸出入の流れを示した図。(c)AFP
【3月19日 AFP】スウェーデンのシンクタンク、ストックホルム国際平和研究所(Stockholm International Peace Research InstituteSIPRI)が18日発表した報告書によると、中国は2008~12年の兵器輸出量で英国を抜き、世界第5位の兵器輸出国となった。世界の兵器貿易の5%を占め、冷戦以降最も高い順位になっている。

 英国が兵器輸出国の上位5位内に入らなかったのは1950年以来初めて。中国の08~12年の兵器輸出は、03~07年の5年間と比べて162%増加した。うち55%の輸出先は、中国と長く同盟関係にあるパキスタンだった。その他の主な中国兵器輸入国は、ミャンマーやバングラデシュ、ベネズエラなど。

 08~12年の世界の兵器貿易は07年までの5年間より17%増加した。米国とロシアが依然として主要輸出国で、順に市場シェアの30%、26%を占めている。米露の下には、ドイツとフランスが続いている。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>