トップ > 環境・科学 > 科学・技術

世界最大、チリ・アルマ望遠鏡が本格始動 直径16キロ

2013年3月14日 12:57 発信地:チリ

このニュースをシェア

世界最大、チリ・アルマ望遠鏡が本格始動 直径16キロ
1/11
南米チリ北部アタカマ(Atacama)州で13日、地上に設置されたものでは世界最大とされる電波望遠鏡「アルマ(ALMA)」の66基のアンテナのうち59基が可動を始めた。アンテナ1基の直径は7~12メートル。全体では直径約16キロメートルの巨大望遠鏡となる。

植物がほぼ存在しない乾燥したアタカマ砂漠の海抜5000メートルの高地に設置された望遠鏡は、水分によって宇宙から届く電波が妨害される心配がほぼない。アルマは日米欧の共同プロジェクトで、「アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(Atacama Large Millimeter-submillimeter Array)」の頭文字をとった略称はスペイン語で「魂」を意味する。完成は10月の予定だ。

写真は、開所式で記念撮影に臨むチリのセバスティアン・ピニェラ(Sebastian Pinera)大統領(中央)とアルマ望遠鏡の職員たち(2013年3月13日撮影)。(c)AFP/Martin BERNETTI
【3月14日 AFP】南米チリ北部アタカマ(Atacama)州で13日、地上に設置されたものでは世界最大とされる電波望遠鏡「アルマ(ALMA)」の66基のアンテナのうち59基が可動を始めた。アンテナ1基の直径は7~12メートル。全体では直径約16キロメートルの巨大望遠鏡となる。

 植物がほぼ存在しない乾燥したアタカマ砂漠の海抜5000メートルの高地に設置された望遠鏡は、水分によって宇宙から届く電波が妨害される心配がほぼない。アルマは日米欧の共同プロジェクトで、「アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(Atacama Large Millimeter-submillimeter Array)」の頭文字をとった略称はスペイン語で「魂」を意味する。完成は10月の予定だ。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>