【1月28日 AFP】退任まで数日を残すのみとなった米国のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)国務長官(65)に、2016年の大統領選出馬に向けた扉が開かれた──後押しをしたのは他ならぬバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領だ。両氏は27日放送の米テレビCBSの番組「60ミニッツ(60 Minutes)」に揃って出演した。

 クリントン氏は最近、20年以上も政界に身を置いて注目を浴びてきたのだから、今後は引退して静かな生活を送り、気分転換にこれまでとは違うことを楽しんだりしたいと繰り返してきた。

 そのクリントン氏は「60ミニッツ」のなかで、「私はまだ国務長官です」と慎重に答えたものの、政権を去った後でも政治家としてのカムバックに含みをもたせた。

 米大統領ファーストレディとして、またニューヨーク(New York)州選出の上院議員として人生の多くを公務に捧げてきたクリントン氏。「この国の未来がどうなっていくのか、深い関心を持っている」と述べたうえで、オバマ大統領も自分も「明日、来年に何が起きるのかなど予測できない」と付け加えた。この発言が、4年後の大統領選出馬を示唆しているのではとの憶測を呼んだ。

 オバマ大統領もこの「憶測」を打ち消すような素振りは見せず、「米史上で最も優秀な国務長官の1人として退任することになる」とクリントン氏に対する称賛の言葉を重ね、「この4年間の私たちの協力関係は素晴らしいものだった。寂しくなると思う」と付け加えた。

 ホワイトハウス(White House)で撮影されたCBSのインタビューは、オバマ大統領の発案とみられ、これをクリントン氏の次期大統領選出馬に向けた布石と見る向きもある。

 米紙ワシントンポスト(Washington Post)と米テレビABCが共同で行った前週の世論調査でも、支持率65%と依然として高い人気を誇るクリントン氏。退任後も再び政界に復帰して米史上初の女性大統領を目指すのではとの見方も根強い。(c)AFP/Jo Biddle