トップ > ニュース > 経済

排せつ物で動く「トイレバイク ネオ」、TOTOが披露

2012年8月29日 19:13 発信地:東京

このニュースをシェア

排せつ物で動く「トイレバイク ネオ」、TOTOが披露
1/4
埼玉県さいたま市大宮区で披露された、バイオ燃料を使う環境に優しいTOTOのバイク「トイレバイク ネオ(Toilet Bike Neo)」の試験走行(2012年8月29日撮影)。(c)AFP/Yoshikazu TSUNO
【8月29日 AFP】日本有数のトイレメーカー、TOTOが29日、動物の排せつ物で走る3輪オートバイ、「トイレバイク ネオ(Toilet Bike Neo)」を披露した。

 排せつ物を燃料にする世界初の車両と銘打たれた3輪バイクは、動物のふんで満タンのタンクなら、最長で300キロメートルまで走行が可能だ。通常のバイクでは運転席のある場所にトイレが組み込まれ、後部には巨大なトイレットペーパーが乗っている。

 29日に東京近郊で披露された試験走行では、若い女性がライダーを務めたが、TOTOはライダーが「ガソリン」を供給する仕組みではないと即座に釘を刺した。

 TOTO広報は記者団に対し、「燃料に使うバイオガスは人のうんちで作られてはいません。家畜の糞尿や生活排水から作られています」と説明した。

 商品化の予定はなく「節水シャワーヘッドや節水トイレなど、TOTOの環境への取り組みをPRする」ことを目標にしているという。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>