【4月27日 AFP】女子テニス、ポルシェ・テニス・グランプリ2012(Porsche Tennis Grand Prix 2012)は26日、ドイツのシュツットガルト(Stuttgart)でシングルス2回戦が行われ、大会第1シードのビクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka、ベラルーシ)らが8強入りした。

 現在世界ランキング1位のアザレンカは、対戦相手のアンドレア・ペトコビッチ(Andrea Petkovic、ドイツ)の負傷棄権により、準々決勝に進出した。

 第1セットをアザレンカが6-2で先取して迎えた第2セット途中の4-4の場面で、ペトコビッチは右足首を捻り、そのまま周囲の助けを借りてコートを後にした。

 試合後にアザレンカは、「このような恐ろしいことが起きてしまい、彼女を気の毒に思っています。彼女は素晴らしい選手なので、一刻も早い回復を祈っています」とコメントした。

 背中の故障でツアーを約3か月間欠場し、22日に行われた国別対抗戦フェドカップ(2012 Fed Cup)のワールドグループプレーオフ、対オーストラリア戦でドイツ代表としてコートに復帰したばかりだったペトコビッチは、2008年にも前十字靭帯を損傷している。

 ペトコビッチは「捻った直後に足首が腫れ上がった。今はアイシングで冷やしているけれど、靭帯を損傷した恐れがあるのでいくつか検査を受けるつもりです」と語った。

 27日に行われる準々決勝でアザレンカは、大会第7シードのマリオン・バルトリ(Marion Bartoli、フランス)を6-3、6-1で破った世界ランク35位のモナ・バートル(Mona Barthel、ドイツ)と対戦する。

 1回戦で元世界ランク1位のアナ・イワノビッチ(Ana Ivanovic、セルビア)に11本のサービスエースを記録したバートルは、2回戦でもバルトリに7本のサービスエースを決め、1時間11分で勝利を収めた。

■グランドスラム覇者がそろってベスト8入り

 全米オープン(The US Open Tennis Championships 2011)覇者で第5シードのサマンサ・ストーサー(Samantha Stosur、オーストラリア)は、前年王者のユリア・ゲルゲス(Julia Goerges、ドイツ)を6-2、2-6、6-3で破り、ベスト8に進出した。

 前回大会の準決勝と同じカードとなった試合でリベンジを果たしたストーサーは、準々決勝で世界ランク2位のマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)と対戦する。

 全仏オープンテニス2011(French Open 2011)覇者で第8シードの李娜(Na Li、ナ・リー、中国)は、ウズベキスタンのアクガル・アマヌムラドーワ(Akgul Amanmuradova)を6-4、6-4で破り、アニエスカ・ラドワンスカ(Agnieszka Radwanska、ポーランド)との準々決勝に進出した。

 ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2011)覇者のペトラ・クヴィトバ(Petra Kvitova)は6-2、6-2でフランチェスカ・スキアボーネ(Francesca Schiavone、イタリア)を退けた。準々決勝でクヴィトバは、第6シードのカロリーネ・ボズニアツキ(Caroline Wozniacki、デンマーク)を下して勝ち上がったドイツのアンジェリーク・クルベール(Angelique Kerber)と対戦する。(c)AFP/Simone Kemler