トップ > ライフ > ライフ

赤ちゃんマンモス「リューバ」の死骸、12日から香港で一般公開

2012年4月11日 11:48 発信地:香港

このニュースをシェア

赤ちゃんマンモス「リューバ」の死骸、12日から香港で一般公開
1/5
香港(Hong Kong)で展示される赤ちゃんマンモス「リューバ(Lyuba)」の死骸(2012年4月10日撮影)。(c)AFP/AARON TAM
【4月10日 AFP】香港(Hong Kong)で10日、世界で最も保存状態の良いマンモスの赤ちゃんの死骸が展示された。

「リューバ(Lyuba)」と名付けられたこの赤ちゃんマンモスの死骸は約4万2000年前のもの。2007年にロシア北部ヤマル半島(Yamal Peninsula)でトナカイ飼いにより発見された。リューバは香港のIFCモール(IFC Mall)で12日から一般公開される。(c)AFP

【関連記事】永久凍土から発見の子マンモス、世界10都市で公開へ
【参考】IFCモールでの展示のサイト(英語)
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>