【3月16日 AFP】米俳優ダスティン・ホフマン(Dustin Hoffman)が主演するテレビシリーズ「Luck」が、放送を打ち切られることになった。同シリーズを放送するHBOが14日、発表した。撮影中に馬3頭が死んだことが理由だという。

 競馬をテーマにした同シリーズは1月に放送が開始された。撮影はほぼ、ロサンゼルス(Los Angeles)東部の競馬場で行われていて、ニック・ノルテ(Nick Nolte)なども出演。シーズン2の製作も決定していた。

 しかし2010年と11年に、セットで馬が1頭ずつ死亡。安全措置は取られていたが、今月13日に馬が後ろ向きに倒れ頭部を強打。安楽死せざるを得なかったという。

 HBOは、高い安全基準を保ってきたが残念なことに事故は起きてしまい、今後起きないという保証もできないため、難しい決断をするに至ったと説明している。(c)AFP