トップ > ライフ > ヘルス

高齢者ほど良く眠れる?定説くつがえす米研究

2012年3月3日 14:21 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

高齢者ほど良く眠れる?定説くつがえす米研究
ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)のサンコンラード(Sao Conrado)ビーチそばで、飼い猫と一緒に昼寝を楽しむ男性(2011年10月9日撮影)。(c)AFP/YASUYOSHI CHIBA
【3月3日 AFP】高齢者は眠りに問題を抱えがちだと信じられているが、実は年をとるほど睡眠に関する悩みは減り、よく眠れている可能性があるとの研究結果が1日、学術誌「Sleep(睡眠)」に掲載された。

 米ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)医学大学院で睡眠を研究するマイケル・グランドナー(Michael Grandner)氏らのチームは、20歳以上の米国人15万人以上に電話調査を行い、睡眠状況を自己申告してもらった。その結果、明らかになったのは80代の人々が最も睡眠に関する悩みが少ないということだった。一方、睡眠の悩みが最も多いのは中年の女性だった。

「結果は一般的に信じられているものとは逆だった」とグランドナー氏。「高齢の男性や女性の睡眠に関する、これまでの概念を再考しなければならない」

 米国睡眠医学会(American Academy of Sleep Medicine)によると、米国で何らかの睡眠障害を持つ人は7000万人に上る。

 だが、グランドナー氏は重要なのは「感じ方」だと指摘する。米国人高齢者たちの睡眠が、実際は若い世代よりも質が良くなかったとしても、そういった感覚は年をとると共に改善されていくというのだ。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>