トップ > 環境・科学 > 科学・技術

「ニュートリノは超光速」は誤りの可能性、ケーブルの接続不良か

2012年2月23日 17:28 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

「ニュートリノは超光速」は誤りの可能性、ケーブルの接続不良か
スイス・ジュネーブ(Geneva)近郊にある、欧州合同原子核研究所(European Organisation for Nuclear Research、CERN)の大型粒子加速器「大型ハドロン衝突型加速器(Large Hadron Collider、LHC)」用ソレノイド磁石(2007年5月22日撮影、資料写真)。(c)AFP/FABRICE COFFRINI
【2月23日 AFP】素粒子ニュートリノは光より高速で動くという、前年9月に発表された実験結果は、実験装置の接続不良による誤りだった可能性が出ている。ニュートリノに関する国際共同実験「OPERA(オペラ)」の研究グループに近い筋の情報として、米科学誌サイエンス(Science)の速報サイト「サイエンス・インサイダー(Science Insider)」が22日、伝えた。

 研究グループは9月、スイスの欧州合同原子核研究所(European Organisation for Nuclear ResearchCERN)から730キロ離れたイタリアのグランサッソ国立研究所(Gran Sasso Laboratory)へニュートリノを発射し、速度を測定する実験を実施した。その結果、光速が2.3ミリ秒だったのに対し、ニュートリノはそれよりも60ナノ秒早く到着したと発表していた。

 しかし「サイエンス・インサイダー」によると、このときの「60ナノ秒」分の差は、ニュートリノの飛行を調整する衛星利用測位システム(GPS)受信機と、コンピューターの電子カードをつなぐ光ファイバーケーブルの接続に緩みがあったために生じたとみられる。ケーブルの緩みをなくし、再接続してニュートリノの速度を計算し直したところ、前回の計測結果とのずれはちょうど60ナノ秒だった。

 ニュートリノの速度が光速を超えたとの発表については、これが正しければ、立証から100年以上も不動とされてきたアインシュタイン(Albert Einstein)の相対性理論と矛盾するとして、科学界でも当初から疑問の声が上がっていた。(c)AFP

【関連記事】
ニュートリノの速度は光の速度より速い、相対性理論と矛盾 CERN
【図解】ニュートリノ、光より速い?
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>