トップ > ニュース > 政治

オバマ大統領「富裕層に30%以上の税率必要」、一般教書演説

2012年1月25日 14:53 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

オバマ大統領「富裕層に30%以上の税率必要」、一般教書演説
1/5
上下両院合同会議で一般教書演説に臨むバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領(2012年1月24日撮影)。(C)AFP/Saul LOEB
【1月25日 AFP】米国のバラク・オバマ(Barack Obama)大統領は24日、上下両院合同会議で一般教書演説を行い、高所得者に対する最低30%の所得税の義務付けを議会に求めた。

「私や多くの議員は公正な額の税金を納めるべきで、税制改正が必要だ。また年収100万ドル(約7800万円)以上の高所得者は、30%以上の所得税を収めるべきだ」とのオバマ氏の言葉に、会場の一部からは拍手が起きた。

 一方、年収25万ドル(約1950万円)以下の世帯については今の税率を維持するとし、予定されている大統領選挙に向け中間所得層にアピールした。「国内約98%にあたる年収25万ドル以下の世帯で税率が上がるべきではない。生活費は上昇し、賃金の上昇もなく苦しんでいる」とオバマ氏は述べた。

 大統領選の共和党候補指名を争うミット・ロムニー(Mitt Romney)前マサチューセッツ(Massachusetts)州知事は同日、2010年と11年の納税申告書をネット上で公開しており、税制にて優遇されていたことに反発の声が挙がっていた。

 大統領の一連の政策が階級闘争を生むと批判する右派に対し、オバマ氏は「階級闘争と呼びたければそうすればよい。高所得者に、(最低でも)その秘書らと同率で税金を納めるよう求めているだけだ。多くの米国人はこれを常識と呼んでいる」と述べた。(c)AFP/Andrew Beatty

【関連記事】ロムニー氏、納税申告書を公開 優遇税制使用で反発必至
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>