フランスでも微量の放射性ヨウ素を検出、発生源は不明

2011年11月16日 14:09 発信地:パリ/フランス 【写真】 【ブログ】
  • 楽天SocialNewsに投稿!

フランス・パリ(Paris)郊外フォントネ・オロズ(Fontenay-aux-Roses)にあるフランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)のビル(2011年3月17日撮影)。(c)AFP/THOMAS SAMSON

関連写真1/1ページ(全1枚)

  • 森林伐採と闘う先住民たち、カナダ・ケベック州
  • 調査捕鯨、南極海での新計画を策定へ 太平洋では継続
  • 中国ブロガーに懲役3年、「ネットでデマ流布」初の有罪
  • 中国政府、広範囲にわたる土壌汚染の実態を初公表
  • 3億年前の「陸生草食動物の最古の祖先」の化石を発見、国際研究
  • 地球サイズの惑星を発見、生命居住可能領域で初 NASAなど
  • 黄河上流にブタ死骸170匹超、中国
  • 「変わってる」ことが「異性への魅力」にも、研究
  • 次世代ソーラー飛行機、初の屋外テスト スイス
  • 「空飛ぶ円盤」で火星表面に物資を、NASAが試作機
  • コンゴ国立公園所長が胸撃たれ重傷、待ち伏せ攻撃か
  • 宇宙を泳ぐ青色の「おたまじゃくし」、ハッブル宇宙望遠鏡
  • 遺伝性疾患治療にクローンヤギの乳、特別な酵素含む ブラジル研究
  • 史上最大級のT・レックス化石、米首都の博物館に到着
  • ヒグマの視点で撮影された映像、仏博物館で公開
  • 皆既月食の「赤い月」、米大陸で観測
  • 早すぎる開花に奇妙な花…「宇宙桜」の謎に科学者ら当惑
  • 低血糖だと夫婦は険悪に、米研究
  • 苦情ツイートへの返答にわいせつ画像、USエアウェイズが謝罪
  • 「ハートブリード」バグで150万人情報流出か 英育児サイト
【11月16日 AFP】フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)15日、同国北部と東部の4か所のモニタリング施設で先週、大気から1立方メートルあたり数マイクロベクレルという微量の放射性ヨウ素131が検出されたと発表した。

 IRSNは「ヨウ素131が国内で検出されるのはかなり例外的ではあるが、これまでに観測された濃度は、公衆の健康に悪影響を与えるものではない」と発表した。

 放射性物質がいつ、どこから放出されたのかは分かっていないが、放射性ヨウ素の半減期は約8日と短いことから、東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所から放出されたものではないとみられている。

 IRSNは、発電や研究目的の原子炉や医療機器製造のためにヨウ素131を使っている工場などが汚染源の可能性があるとの見方を示した。

 11日には国際原子力機関(IAEA)が、チェコでごく微量のヨウ素131が検出されたと発表している。同様にポーランド、スロバキア、オーストリアでも、微量ながら通常は観測されない放射性ヨウ素が観測されたと報告されていた。(c)AFP

【関連記事】欧州各地で微量の放射性ヨウ素検出、「健康に影響なし」 IAEA

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

このニュースへのリンク

http://www.afpbb.com/articles/-/2841029

トピックス

お知らせ

PRリンク

BPNPR

カテゴリ登録はこちらより