スイスも脱原発へ、2034年までに全廃

2011年09月29日 08:44 発信地:ジュネーブ/スイス 【写真】 【ブログ】
  • 楽天SocialNewsに投稿!

スイス・ベルン(Bern)の議事堂前の広場で行われた反原発デモ(2007年9月8日撮影、資料写真)。(c)AFP/FABRICE COFFRINI

関連写真1/1ページ(全1枚)

  • オバマ米大統領、23日からアジア歴訪 同盟関係の強化狙う
  • バルト3国、ロシア語テレビ局創設に向けて協議
  • ウクライナ東部で反ユダヤ文書、何者かによる挑発か
  • 北朝鮮、正恩氏ポスターめぐり英に抗議状
  • アラスカは併合するには「寒すぎる」、プーチン大統領が冗談
  • 露テレビ特番、スノーデン元職員の質問にプーチン大統領が答える
  • グアンタナモの米海軍基地、収容施設内などを公開
  • ウクライナ4者協議で予想以上の合意、違法集団の武装解除など
  • プーチン露大統領、クリミアへの派兵を初めて認める
  • ウクライナ南東部、親露派300人が内務省軍を襲撃 3人死亡
  • 欧州連合で「国境なきポルノ映画」が実現した?
  • モルドバの沿ドニエストル、ロシアとEUに独立承認を要求
  • 前NY市長、銃規制の推進に51億円投入へ 反規制派に対抗
  • ウクライナ東部にロシア国旗掲げた装甲車
  • ベルルスコーニ元首相、高齢者施設で1年間の社会奉仕活動
  • ウクライナ、対テロ作戦開始で東部に部隊集結
  • 【図解】日中の軍事力比較
  • 米露大統領、ウクライナ問題で電話会談
  • 「インドのスパイダーマン」、ビルに登って有権者にアピール
  • 世界の軍事支出、2013年は1.9%減 SIPRI
【9月29日 AFP】スイス上院は28日、国内に5基ある原子力発電所を2034年までに段階的に廃炉にするとした政府計画を承認した。

 スイス政府は、日本の福島第1原子力発電所の事故を受け、原発の新規建設計画を凍結している。脱原発に向けたスイス政府の計画は、下院では6月に承認されていた。

 スイス政府は脱原発による電力不足分を補うため、これまでも大きく頼ってきた水力発電や、再生可能エネルギーの発展に期待をかけており、電力輸入の可能性も排除していない。また、必要があれば、温室効果ガス削減目標に配慮しつつ、化石燃料に回帰するとしている。

 この政府計画では、1基目の稼働停止は2019年で、最後の5基目は2034年となっている。(c)AFP/Hui Min Neo

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

このニュースへのリンク

http://www.afpbb.com/articles/-/2831350

トピックス

お知らせ

PRリンク

BPNPR

カテゴリ登録はこちらより